bkkcast はフィードバックを積極的に受け付けています。聞いてみたいことがあれば質問箱もしくは @bkkcast まで連絡ください!

お品書き

  • 1. @sota0805さんの自己紹介 (2:30)
    • Webアプリケーション向けのE2Eテスト自動化プラットフォーム Autify @AutifyHQ 共同創業
    • 現在は積極採用活動中
    • 米国のアルケミストを日本人初卒業
  • 2. アルケミストって何? (4:00)
    • Alchemist Accelerator
    • 基本的にはBtoBのスタートアップをターゲットとした学校
    • 有名どころは Y-combinator
    • VCの機能もある
    • 株の何%かをアクセラレータに渡して、スタートアップは資金を得る
    • VC + 育成
    • アイデアだけ持ってる会社に対して、どうやって顧客獲得するか
    • アドバイスをしてくれる
    • 他のスタートアップ界隈の人とつないでくれる
  • 3. アルケミストとの出会い (8:45)
    • 最初はアルケミストについては知らなかったが
    • 他のアクセラレータに前のプロダクトで応募はしていた
    • 共同創業者の方がアルケミストについて知る機会があった
    • アルケミストに入ると一気に成長すると思った
    • 応募するものは?
    • プロダクトを作る上で必要最低限の質問が用意されている
    • アクセラレータに何を期待しているのか
    • 英語で数分のビデオを録画して提出する
    • アクセラレータのための準備の日々
    • デモをしてくれる顧客をまず探した
    • 当初はテストオートメーションのプロダクトではなかった
  • 4. テストオートメーションツールを作ろうと思ったきっかけ (13:55)
    • どこからテストオートメーションが出てきた?
    • ATDD
    • なぜ自分たちがやるのかの理由探し
    • エンジニアとして感じていた課題に立ち戻る
    • 仕様書通りにテストができないという課題
    • Gherkin、Cucumber
    • テストケース作成のツールだが、エンジニアでないと使えない
    • テストケースを作る人はエンジニアではない人もいる
    • 誰でも作れて、メンテナンスできるAutify
    • 1月のDemo Day、3月にClosed Beta公開
    • ひたすら開発の日々
    • アクセラレータ協賛のコワーキングスペースがある
    • 同期は20社くらい
    • 調達に苦しむ同期
    • 何人が多い?
    • 日本人初の採択、拍手喝采
  • 5. アメリカに行くきっかけ (21:35)
    • 海外で働きたいと思っていた
    • プロダクト作るならアメリカでしょ
    • コンピュータ・サイエンスの学位がなく
    • 海外での就職活動が難しかった
    • 日本での実務経験数年必要
    • とりあえず海外に出てしまう
    • 若いからできること
    • 調達、Techcrunch USでPR
    • アメリカのメディア、どうアプローチするか
    • アルケミストを卒業したことも大きい
    • 共感してくれる記者との出会い
  • 6. アクセラレータに入ることをオススメしますか? (27:50)
    • 100%オススメ
    • 入るフェーズは考える必要あり
    • 彼らのノウハウ、ネットワークは貴重
    • MIT、スタンフォード卒の優秀な人に囲まれる環境
    • アメリカならではの経験
    • スタートアップ界隈の有名人がそこにいる環境
    • Atomの開発者のお話
    • サンフランシスコの名だたる企業を見る感動の日々
  • 7. 今後の活動は? (32:30)
    • まずは日本メイン
    • 次にアメリカ、東南アジアなど海外
    • 課題をヒアリングしながら世界展開
    • カスタマーサクセス、MLエンジニア募集中
    • E2Eテストの課題、ブラウザ毎の対応
    • 顧客のリクエストをすぐに受け付けられる仕組み(インターコム)
    • デモリクエスト
    • ユーザの求めるプロダクトを作ると、
    • ちゃんとしたユーザからデモリクエストがくる
    • 色々できるエンジニア募集中
    • 機械学習、ブラウザ理解、Reactの理解
    • 社内公用語は英語(Slack、Github、朝会など)
    • 顧客がログインするたびに成長するプロダクト
    • 応募はこちら
  • 8. 最後に一言アドバイス (40:00)
    • 熱狂するユーザを見つける
    • 契約してくれる人をまず探す
    • プロダクトと向き合う
    • そうすると課題が明確になり、アクセラレータも魅力的に感じる
    • 別セッションでAutifyの話も